バストアップしたい!そんなときに食べるといいおすすめ食材

バランスのいいタンパク質

ぷるぷるとした弾力のあるバストを育てるのに欠かせないのが、たんぱく質です。たんぱく質には動物性と植物性がありますが、どちらかだけを食べればいいのではなく、両方をバランスよく食べることで形のいいバストが作られていきます。
バストアップのために良質のたんぱく質を摂取したいなら、動物性たんぱく質の場合は魚や牛乳、鶏肉などがいいでしょう。牛乳はイソフラボンがたっぷりのきな粉と組み合わせることでバストアップに最適な飲み物に早変わりです。鶏肉と魚肉はヘルシーなので、カロリーが気になる人や肥満が気になる人でも食べやすいですし、食事にも取り入れやすいものが多いのでストレスなく摂取できるのです。植物性たんぱく質だと、大豆や落花生などがあります。

女性ホルモンは大豆で補う

乳腺を発達させ、その周囲に脂肪を増やしていくためには女性ホルモンの分泌量を増やす必要があります。加齢で分泌量が必ず減っていくので、特に年齢を重ねてからは女性ホルモンが減らないように意識していかなくてはなりません。
冷え性や睡眠不足に気を付けつつ、食べるようにしておきたいのが大豆製品です。植物性エストロゲンとして知られるイソフラボンがたっぷりなので、体の中で女性ホルモンとよく似た働きをしてくれます。豆乳を牛乳と置き換えて料理に使ってもいいですし、豆腐を使ったおかずを作るのもいいですね。最近は女性向けに豆乳を使ったあっさりしたスイーツも増えましたし、アジアンスイーツとして入ってきた豆花もいいかもしれません。